九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イワシ漁

片貝近くの海岸に行ってみた。熟年夫婦(多分)が腰を下ろして話し込んでいる。その向こうに岸近く、漁船が5,6隻、漁をしていた。
昨夜から明け方まで漁り火が点々とみえた。今がイワシ漁の最盛期かも知れない。
20071018170635.jpg



一隻で網を上げている漁船や二隻一組で操業している漁船は同じ会社の漁船か、
20071018170655.jpg

  1. 2007/10/18(木) 17:11:29|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

稲刈りの思いで

九十九里周辺では稲刈りも終わり、切り株に芽が出始めている。歩き回ってもイナゴがいない。昔は足下から次々とイナゴが跳ねたものだが。
小学校では、一日イナゴ取りがあった。朝から夕方まで、田んぼを巡ってイナゴを捕る。布の袋に竹の筒を差し込み、そこから捕ったイナゴを入れる。学校に帰ると先生がはかりで重さを量る。そのイナゴは多分、業者に引き取られ、佃煮になる。そのお金は学校の教材などに当てられる。そんな時代だった。今から~十年前の思いで。
中学になると放課後学年ごとに依頼のあった農家に稲刈りの手伝いに行く。手伝いが終わると、コッペパンや赤飯のおにぎりなどをごちそうになる。うまかった。その手伝いのお金は修学旅行の費用の足しにする。そんな時代であった。
20071005183340.jpg

20071005183322.jpg

  1. 2007/10/05(金) 18:35:09|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

漁師町を歩く~勝浦

漁師町を歩くの最後は勝浦、久しぶりに漁港近辺を歩いてみる。
昔、友人達と、養老渓谷にキャンプに行く途中に勝浦に寄った。漁港の前の、加工工場の前にはアジの開きをズラッと干してあったので探してみたが、見つからなかった。その前にあった食堂で魚の煮付け定食を食べて美味かったので、探したが、きれいなレストランばかりで、入る気になれない。
20070925022511.jpg

20070925022447.jpg

20070925022431.jpg




テレビアンテナの上に、何とカラスとトンビが仲良く止まっている。
お互いを仲間だと思っているのか、もしかしてカップル?まさか、カラスとトンビのハーフなんて聞いたことがない。不思議な光景。
20070925022528.jpg



お祭りが有るらしい、山車の組み立てが行われていた。(10日ぐらい前の写真なのでもう祭りは終わっているだろう)
20070925022549.jpg

  1. 2007/09/25(火) 02:35:31|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

漁師町を歩く~御宿

大原から御宿に向かう途中に気になる蔵がある。いつ崩れてもおかしくないくらいに朽ちているが、築100年前後経っていそうだ。網元の持ち物だったのか、随分費用をかけたのだろう。
20070921084550.jpg



御宿の海岸に出てみる。ここは漁師町と云うよりは観光に力を入れている。町中には豪華なリゾートマンションが何棟も建っている。加藤まさをの月の砂漠のモデルになった海岸が有り、サーファーが波乗りを楽しんでいる。
20070921084519.jpg


20070921084458.jpg


20070921084433.jpg

  1. 2007/09/21(金) 08:59:18|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

漁師町を歩く~大原3

大原が続く、大きい鳥居が目に入った。石段が小高い山の上に続く、
思った以上に上へ上へと続いて息が切れる。
20070918225728.jpg


20070918225803.jpg



きれいに掃き清められていて、地元氏子の信仰心の厚さを感じる。「板こ一枚、下は地獄」の世界、自然と神仏をあがめる気持ちは強いのだろう。社務所のわきになにやら書いてある。「大原はだか祭り由来」の看板。そうか、ここがあの裸祭りの神社だったのか。
20070918225747.jpg



社殿の脇から大原の港が一望出来る。こんなに高く登ったとは、息が切れるはずだ。大原を後にして御宿に向かう。
20070918225819.jpg

  1. 2007/09/18(火) 23:18:28|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12

漁師町を歩く~大原2

薬局の前の懐かしい丸ポスト、漁船の名を大きく書いた作業小屋、漁師町そのもの、
20070916062519.jpg


20070916062501.jpg


20070916062619.jpg

20070916062551.jpg

  1. 2007/09/16(日) 06:36:10|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

漁師町を歩く~大原1

大原、御宿、勝浦と足を伸ばしてみた。
私の漁師町のイメージを探してみた。車を止めて路地裏、横道、をカメラを持って歩き回った。アル、アル、イメージ通りの光景が。
(大原の皆さんごめんなさい。錆びたトタン板、崩れかけた家、朽ちかけた板壁、これが私の漁師町のイメージなのです。迷惑な観光客ですが、大目に見てください)
20070914195328.jpg

20070914195351.jpg

20070914195415.jpg

20070914195441.jpg

  1. 2007/09/14(金) 19:56:05|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

秋をさがす~サンマ

今年は何故か、早い時期からサンマが大漁に採れるらしい。それも、いつもはとれない場所でも、脂ののった、大形のサンマが採れるらしい。
8月始めに行ったときはスーパーには解凍サンマが売っていた。先週行ったら、生サンマが一匹100円で売っている。いつもはしりは400円前後なのに。早速2匹買って食す。テレビを相手にひとり黙々と食す。(写真を撮った一週間前は猛暑のまっただ中だったが、今日は一気に秋の気温、「秋をさがす」のタイトルは間の抜けた感じになった)
20070902231401.jpg

  1. 2007/09/02(日) 23:22:06|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
前のページ

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。