九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

輝く海

午前中の同じ時間になると、晴れている限り、海が輝き始める。
ここに大型漁船が白波を立てて、長い航跡を残して通過してくれればと、いつも思う。
船のシルエットがいつも浮かぶのだが、そう思うようには行かない。もしかしたらと、時間を見計らってバルコニーから海を見るのだが、小船一艘見えない。
立冬 (57)
スポンサーサイト
  1. 2007/11/16(金) 20:59:04|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<夜が来る | ホーム | 砂の表情>>

コメント

Myyさん

行ってきました。光る海再度撮りました。今度は船がシルエットで入ってます。
  1. 2007/12/07(金) 18:04:29 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

nanbuyaさん、こんにちは!

船がなくても十分美しい景色です。
船がいるのではと、いつも気にしていられるとこに居られることが羨ましいです。
水平線が薄いオレンジ色ですね。
こちらもすっかり寒くなりました。
  1. 2007/12/05(水) 13:24:53 |
  2. URL |
  3. Myy #-
  4. [ 編集]

mToTm さん

ありがとうございます。船は時々何艘も漁をしているのですが、イメージとしては大きな漁船が白波を立てて、航跡を残しながら通り過ぎる写真を撮りたいのですが、思い通りにはいきませんね。
  1. 2007/11/18(日) 20:38:28 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

こじぞうさん

久しぶりです。美しい写真と言っていただいて、私には最高のほめ言葉です。この時間は10時ごろ、海が輝き始めます。
  1. 2007/11/18(日) 20:35:46 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

梓の小鳥さん

私のつたない写真で、故郷を思い出してもらえるなんて、写真をやってて良かったなあと思う瞬間です。最近、閃きがなくて四苦八苦しながら撮ってます。
  1. 2007/11/18(日) 20:32:18 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

ピンピンシニアさん

普段はストレスの多い仕事をしているので、唯一ここに来たときはほっとします。もう十年になりますが、いまだに飽きない。ささやかな贅沢です。帰るときはいつも名残惜しい。後一泊できたらなあと思いながら帰ります。
  1. 2007/11/18(日) 20:29:32 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

玉清さん

石坂洋次郎ですか。暗い高校生には、まぶしすぎる。あえて避けてました。そんな高校時代でしたね。
  1. 2007/11/18(日) 20:25:40 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

枯雑草さん

漁船は見るのですが、大型漁船が白波を立てて通るのを撮りたかったのです。遥か水平線に大型船が間隔をあけて通りますが、あれは貨物船やフェリーの航路になっているのでしょう。双眼鏡でやっと見えます。
  1. 2007/11/18(日) 20:22:03 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

いつもながら美しい写真ですね。
水平線のあたりは虹色に輝いて
流石お日様はいい仕事しますね。
  1. 2007/11/18(日) 12:20:16 |
  2. URL |
  3. こじぞう #-
  4. [ 編集]

望郷・・

9月に行った西海岸の海のかなたに日本の、 房総の海を想いました。。。

そしてnanbuyaさんのこのお写真をじ~っと見つめ、 母の立場を逆に思い直しています。。。
  1. 2007/11/18(日) 11:09:04 |
  2. URL |
  3. 梓の小鳥 #WARxrlg2
  4. [ 編集]

船が見えない海は、逆に誰もいない大海原。
写真でも水平線が丸く見えます。
いつもこんな景色を見れると、ゆったりとした気分になれますよね。
  1. 2007/11/18(日) 08:16:06 |
  2. URL |
  3. ピンピンシニア #-
  4. [ 編集]

船一つない海、とても静かで荘厳な雰囲気を感じます。
これだけ船一つないなんて、珍しいのではないでしょうか?
印象深いお写真だなあと思います。

海が本当にキラキラ輝いてますね。。。
  1. 2007/11/18(日) 00:58:35 |
  2. URL |
  3. mToTm #-
  4. [ 編集]

★こんばんは。
★一艘の船も見えない光る海、それがかえって海を感じさせます。
★石坂洋次郎の青春小説を読みあさっていた高校の頃、《光る海》という小説に出会いました。この写真をみて、フッと思い出しました。
  1. 2007/11/17(土) 23:02:31 |
  2. URL |
  3. 玉 #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
そうですか、nanbuyaさん、船が通るの見たこと
ない。私の記憶では、漁船や、沖の方には大型
の貨物船、何度か見たように思うのですが・・。
そのうち、見られると思いますよ。
  1. 2007/11/17(土) 21:11:15 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanbuya.blog62.fc2.com/tb.php/256-8fedf33f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。