九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

稲刈りの思いで

九十九里周辺では稲刈りも終わり、切り株に芽が出始めている。歩き回ってもイナゴがいない。昔は足下から次々とイナゴが跳ねたものだが。
小学校では、一日イナゴ取りがあった。朝から夕方まで、田んぼを巡ってイナゴを捕る。布の袋に竹の筒を差し込み、そこから捕ったイナゴを入れる。学校に帰ると先生がはかりで重さを量る。そのイナゴは多分、業者に引き取られ、佃煮になる。そのお金は学校の教材などに当てられる。そんな時代だった。今から~十年前の思いで。
中学になると放課後学年ごとに依頼のあった農家に稲刈りの手伝いに行く。手伝いが終わると、コッペパンや赤飯のおにぎりなどをごちそうになる。うまかった。その手伝いのお金は修学旅行の費用の足しにする。そんな時代であった。
20071005183340.jpg

20071005183322.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/10/05(金) 18:35:09|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<日常の風景 | ホーム | 海辺の朝げ>>

コメント

今はもう、鎌で稲を刈ることもあまりなでしょう。
機械であっという間ですから。刈った稲を田んぼの周りに干す風景もあまり見られなくなった。だんだん変わってきますね。
  1. 2007/10/09(火) 11:56:26 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

nanbuyaさん、こんばんは!

そんな時代を過ごしてきてはいないけど、とっても素敵な出来事ですね。
何かをして何かを得る。
農作業の後のコッペパンやおにぎりは、きっと美味しかったのでしょう。
そんな時代もあったのですね・・・
今は殺伐とした世の中で悲しいです。
  1. 2007/10/08(月) 19:07:17 |
  2. URL |
  3. Myy #-
  4. [ 編集]

ピンピンシニアさん

タニシ、懐かしい。昔は畦などに沢山ましたね。
たしか食べたはずなのですが、どんな味だったのか、どんな食べ方をしたのか、全然覚えていません。
  1. 2007/10/07(日) 19:28:58 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

イナゴもいなくなったし、たにしもいなくなりました。
おいしいものはタニシの味噌汁。
田んぼのちょっとへこんだところに棒を入れるとカチンといってタニシが採れました。
イナゴもおいしいです。
今はゲテモノというやからも多いようです。
田んぼは米だけでなくいろいろなものを提供してくれました。
  1. 2007/10/07(日) 09:29:30 |
  2. URL |
  3. ピンピンシニア #-
  4. [ 編集]

きょうさん

今は学校の行事として農家に稲刈りを手伝いに行く事は無いでしょうね。今はただただ懐かしい思い出です。
  1. 2007/10/07(日) 06:16:39 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

枯雑草さん

稲刈りの風景も変わりました。刈った後、たんぼの周りに稲を干す光景も見れなくなりました。杭をたててその周りに刈った稲をタワーのように積み上げていく干し方はもう見れませんね。
  1. 2007/10/07(日) 06:13:48 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
そんな時代・・・今の子供は汗水ながして得る
物(お金)の喜びを知らないまま育っていくのかな。
古きよき時代と今になれば思えますよね。
  1. 2007/10/06(土) 23:18:52 |
  2. URL |
  3. きょう #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
いなご、ほんとに見かけなくなった。それに、佃煮
あまり喜ばれないかも。藁も利用が無くなったし、
稲刈り風景、変りましたねー。
  1. 2007/10/06(土) 21:35:20 |
  2. URL |
  3. 枯雑草 #HHMXdmBQ
  4. [ 編集]

ふじりんごさん

今ではイナゴの佃煮は高級品だそうです。
でも、イナゴの姿そのままなので食欲が進みません。
  1. 2007/10/06(土) 20:38:13 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

りんどうさん

そうですね。稲刈りの風景も随分変わりました。昔は刈った稲を田んぼで干したものですが、今はそんなことはしないようです。ワラで縄を編んだり、長靴の中にひいたり、鶏小屋の屋根はわら屋根でした。みんな遠い昔になりました。
  1. 2007/10/06(土) 20:36:17 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

玉清さん

やはり同じですね。イナゴの佃煮食べたことは有りますが、イナゴの姿がそのままなので、虫を食べるのは一寸食欲が進まない。通の間ではかなりの高級食材らしいです。
  1. 2007/10/06(土) 20:31:56 |
  2. URL |
  3. nanbuya #-
  4. [ 編集]

ご無沙汰してます><
稲刈り、この辺ではまったく見られない光景です。
イナゴの佃煮はどんな味がするのかな??
1度食べてみたいものです。
  1. 2007/10/06(土) 15:21:54 |
  2. URL |
  3. ふじりんご #-
  4. [ 編集]

昔はイナゴが沢山いたのに、居なくなっちゃいましたね。
こちらは稲刈り真っ最中です。
稲わらも貴重だったのに、コンバインのカッターにかけられ、捨てられますね。
畳やさん材料不足です。
私は畑に必要なので、でっかい袋持って貰いに行きたいです。
  1. 2007/10/06(土) 13:49:56 |
  2. URL |
  3. りんどう #DaqWDIIE
  4. [ 編集]

★こんばんは。
★まったくおっしゃるとおりの時代を私も生きました。イナゴの口から出る茶色い体液に手を汚しながら無茶苦茶捕って、近所のおじいさんに持って行きました。でも、私、食糧事情の悪い当時だったから何でも食べたけど、イナゴだけは食べれませんでした。
あの足がピッピッと見える煮っ転がしには、何とも…。
  1. 2007/10/05(金) 20:52:37 |
  2. URL |
  3. 玉 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanbuya.blog62.fc2.com/tb.php/244-b3698923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。