九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太東漁港

絵画教室に通って3年になる。
年一回絵画教室展をやり、先週終わったばかり、その内の一点を載せる。
お見せするような代物ではないが、館山方面に在住の某人妻から早く載せよと厳命があり、清水の舞台から飛び降りる心境で載せる。
太東漁港
スポンサーサイト
  1. 2009/02/26(木) 14:58:52|
  2. 漁港
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:15

春到来

悪戦苦闘している間に立春も過ぎ、浜辺にでてみればもう芽吹きが始まっている。
幾百年、幾千年、繰り返されている季節の移り変わり。数十年前まではここは漁港が無く、男女が全裸に近い格好で首まで海水に浸かりながら漁船を海に押しだし、漁を終えて帰ってきた漁船を浜に引き上げる過酷な漁をやっていた。
また、大戦末期には連合軍がこの九十九里を本土上陸の予定地にしていたらしい。終戦がもう少し遅かったらこの辺は凄惨な場になっただろう。
その又昔の戦国時代には領土争いの場であったろう。そんな人間の歴史には関係なく四季の移り変わりはこれからも延々と続いていく。
それに比べれば山あり谷ありの我が人生のなんと一瞬のことか、・・・などと柄にもなくそんなことを感じた今日この頃。
(苦戦を強いられていますが「朝の来ない夜はない」、と信じて孤軍奮闘の毎日です。)
芽吹き1
  1. 2009/02/19(木) 21:59:57|
  2. 浜辺の植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。