九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この子達の未来

7月中旬、夏休み前の浜辺で地元の小学校の体験教室だと思うが、
地曳き網をやっていた。周りを父兄がずらり。網を引きはじめると一斉にビデオカメラを回しははじめる。網が上がって大きい魚が跳ねてもわりと静か。淡々としている。
漁業関係の家の子も何人かいるのだろう。
今、漁業は燃料高、サンマが大漁でも値が下がり、採算が取れないらしい。
この子達が大人になり家業を継ぐ頃、どうなっているのだろう。やり甲斐のある明るい未来が待っていることを祈る。
(秋は仕事が忙しく、中々九十九里に行けません。しばらく仕事に没頭したいと思います。木枯らしに枯葉が舞う頃まで・・・・・・・・)
地曳き網

地曳き網2

地曳き網3
スポンサーサイト
  1. 2008/10/18(土) 21:43:56|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

秋をさがす

予報では雨のち曇り。
予報に反して日がでてきた。カメラを持って海辺に出てみる。
浜辺に遊泳禁止の赤旗。撤去し忘れたか、シーズンが終わっても遊泳する不届きものの為なのか、
10月の秋空になんとも不思議な取り合わせ。
旗
  1. 2008/10/09(木) 18:43:58|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

この丘の向こうに

住宅地を通って、交通量の多い道路を渡って、波乗り道路のガードを潜ると草原が丘の上まで続く。何度も載せた記憶があるが、この丘までがとても好きだ。その丘を登ると砂浜と海が広がる。
その丘を登るまでの期待感が好きなのだ。

昔、彼女と喫茶店で待ち合わせをして、あの角を曲がるとそのの喫茶店がある。はやる気持ちを抑えて少し手前の本屋に入って本などを手に取ってパラパラページをめくってみたり、でも気はそぞろ。
もう来ているかな、それともまだかな、一寸遅れて焦らせてやりたい気持ちもあるし、
そんな昔の事を思い出させる丘なのだ。
画像 005

  1. 2008/10/02(木) 20:56:30|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。