九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冷たい雨が降る

昨夜来降り始めた雨がシトシト降り続いている。
今日はどうしようか?ガラス越しに外を見ながらまだパジャマのまま顔も洗っていない。
雨



午後になって雨もあがったようなので海岸への小道を歩いてみる。
小道の両側に植えてある桜の木、ほとんど葉も落ちて数枚へばりついている。
往生際の悪さになぜか共感を覚える。思えば自分の人生もしぶとく、諦めずにへばりついてきた。
風が寒い。寒さが落ち目の身に殊の外堪える。今回は自虐調で載せてみた。
雨3

(組織や集団がニガテで何十年、給料もボーナスも縁のない一匹狼で生きてきたせいか、年甲斐もなくアウトローや、あの馬に乗って去っていくシェーンの後ろ姿に惹かれるのです。今年は少々早いがこれで正月休みに入ろうと思います。では又来年)
スポンサーサイト
  1. 2007/12/16(日) 23:53:17|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

太東漁港の夜明け

太東岬から降りて、すぐ隣の太東漁港へ。漁船が少ない、まだ出漁して帰ってこないのか?
太東漁港2

太東漁港1


  1. 2007/12/14(金) 15:04:50|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

太東岬から

朝焼けを撮ってから、車で30分の太東岬に向かう。
日の出時刻6:30までもうすぐ。
急な勾配を頂上を目指す。すでに車が2台、家族連れと中年のじさんが一人。
振り向くと灯台の灯りがまだゆっくり回転している。まず2,3枚シャッターを切る。
数分後に明かりは消えた。
太東岬1



すぐに太陽が昇り始める。
あれっ、これじゃバルコニーから撮る日の出と変わらないではないか。こんなハズではなかった。
太東岬4



今度はちょっと引いてみる。海面まで数十メートルの高さが出ない。
太東岬2


岬の周りを囲んでいる柵をいれて撮ってみる。この向こうは数十メートルの断崖絶壁、
その感じが出ない。イメージ通りにはいかない。このために5時に起きてやって来たのに。
仕方なく岬を降りて近くの太東漁港に、・・・それは次回。
太東岬3



  1. 2007/12/10(月) 20:40:58|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

朝焼け再び

去年の今頃、朝焼けを載せた。今回も同じような写真。
全く同じじゃ芸がない。今回はうまい具合に漁り火がきれいに見える。その分、去年よりはグレードアップ。漁り火に赤や青の色があるのを今回初めて知った。
朝焼け1

朝焼け2
  1. 2007/12/07(金) 17:54:49|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

冬の浜辺

この春、芽吹きを求めて歩いたのは、ついこの間の様な気がするが、浜辺の海浜植物も大部分枯れた。時が経つのが早いと実感する。
冬の浜辺1



2、3ヶ月前まではまだ青草だったが。
冬の浜辺3
  1. 2007/12/03(月) 12:08:58|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。