九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浜千鳥

青い月夜の 浜辺には 親をさがして 鳴く鳥が

波の国から 生まれ出る ぬれた翼の 銀の色

ご存知、鹿島鳴秋、作詞  弘田龍太郎、作曲 「浜千鳥」
哀調をおびた旋律が忘れられない。あいにくこの写真、青い月夜でもなく、浜千鳥というよりは、多分、浜シギだと思うが、細かいことは言うまい。
それに以前も書いたように思うが、高村光太郎の「知恵子抄」の千恵子が千鳥と遊ぶ描写、いまだにこのイメージから抜け出せずにいる。
これが私の九十九里の原点。
 
20071028231512.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/10/28(日) 23:16:38|
  2. 浜辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ミニ鳥居

蓮沼近辺の九十九里の続き、余りにも寂しい人気のない浜辺に、早々に引き上げることにした。さっきは気が付かなかったが、草むらに大人のひざくらいの小さな鳥居が、子供にいたずらかなと思ったが、近づくとちゃんと丁寧に作ってある。ガリバーになった気分。昔から伝わる土着信仰のひとつか?
(ある方からコメントをいただきました。この鳥居はごみを捨てられないようにと、立てたものだということです。立ちしょんをしない様に、塀などに鳥居の絵を描くのと同じ発想ですね。choiさんありがとうございました)
20071025191340.jpg


20071025191325.jpg

  1. 2007/10/25(木) 19:14:24|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

蓮沼近辺の九十九里

気が滅入るような曇天のある日、思い切って銚子に行ってみようと車を走らせて見たが、パラパラ雨が降ってきた。出鼻をくじかれ蓮沼あたりで車を止める。海岸に出ようと思ったがこの辺はすべての海岸への道にゲートが在って入れない。何とか車を止められる場所で降りて海岸へ。風景はほとんど同じだが、人影はない。
20071022140919.jpg



頻繁に頭上を飛行機が通る。ここは成田に近いのか、着陸のためか、かなり低空を飛ぶ。方向舵の航空会社のマークもはっきり見える。
20071022141017.jpg

  1. 2007/10/22(月) 14:18:06|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

イワシ漁

片貝近くの海岸に行ってみた。熟年夫婦(多分)が腰を下ろして話し込んでいる。その向こうに岸近く、漁船が5,6隻、漁をしていた。
昨夜から明け方まで漁り火が点々とみえた。今がイワシ漁の最盛期かも知れない。
20071018170635.jpg



一隻で網を上げている漁船や二隻一組で操業している漁船は同じ会社の漁船か、
20071018170655.jpg

  1. 2007/10/18(木) 17:11:29|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

秋の風景2

今更彼岸花でも有るまい。見る側は食傷気味だろうとは思うが、あえて載せる。例のスーパーに買い物に行ったついでにカメラを持って歩いてみる。近くの小さな寺の空き地に秋の夕日を浴びて咲いていた。
20071014231614.jpg


トンボをあまり見なくなった。もう産卵を終えて残り少なくなったか?
20071014231653.jpg


この日は朝からドン曇り。撮るモノがないので夕方、雲を撮る。
20071014231630.jpg

  1. 2007/10/15(月) 09:52:00|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

秋の風景1

浜辺を離れて海辺の周りを歩いてみる。もう秋中盤になっていた。
それらしい風景を拾って歩く。
20071012180839.jpg



バルコニーから覗くとあちらこちらから煙が上がっている。畑や田んぼで稲ワラや雑草などを燃やしているのか、のどかな風景が広がる。
20071012180825.jpg

  1. 2007/10/12(金) 18:12:08|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

日常の風景

波の穏やかな日は地元の人がハマグリを採っている。漁業組合員か。
自転車や、バイクの籠に採取許可証を置いているが、この自転車には置いてない。まあ、多少のことは黙認されるらしい。
20071009115200.jpg

  1. 2007/10/09(火) 11:52:33|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

稲刈りの思いで

九十九里周辺では稲刈りも終わり、切り株に芽が出始めている。歩き回ってもイナゴがいない。昔は足下から次々とイナゴが跳ねたものだが。
小学校では、一日イナゴ取りがあった。朝から夕方まで、田んぼを巡ってイナゴを捕る。布の袋に竹の筒を差し込み、そこから捕ったイナゴを入れる。学校に帰ると先生がはかりで重さを量る。そのイナゴは多分、業者に引き取られ、佃煮になる。そのお金は学校の教材などに当てられる。そんな時代だった。今から~十年前の思いで。
中学になると放課後学年ごとに依頼のあった農家に稲刈りの手伝いに行く。手伝いが終わると、コッペパンや赤飯のおにぎりなどをごちそうになる。うまかった。その手伝いのお金は修学旅行の費用の足しにする。そんな時代であった。
20071005183340.jpg

20071005183322.jpg

  1. 2007/10/05(金) 18:35:09|
  2. 海辺の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

海辺の朝げ

日の出の頃、シギの一団が忙しく海辺で餌を漁る。一心不乱、餌を漁る。この一団、親子のようでもある。夜は何処で過ごしていたのだろう?近くの砂防林か、あるいは波の上か?
(この写真は少し前、日の出や、麦わら帽子を撮ったときに、撮影しました。最近、写真をさぼっているので、手持ちの写真が底を尽きました。次の写真が出来るまで、今まで撮っていたモノで使わなかった写真を、載せていきます)
20071002161623.jpg

  1. 2007/10/02(火) 16:17:01|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。