九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

御宿、へ

少し足を伸ばして御宿方面へ行ってみる。海岸沿いに車を進めると駐車場に陣取っているオジサンやオバサン、お兄さんが一斉に立ち上がってオイデ、オイデをする。東京ナンバーなのですぐよそ者と判るのだろう。ちょっとその辺に駐車する雰囲気ではない。駐車場がガラガラでみんな必死なのだ。やっと小さな漁港の片隅に車を止められた。がらんとした漁港、船の出入りもない。堤防でおじさん達がのんびり釣りをしている。小さい漁港の割には立派な灯台が入り口に立っている。暫しボーッと時間をつぶす。
20070728224536.jpg


20070728224554.jpg


20070728224605.jpg


20070728224620.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/07/28(土) 22:48:27|
  2. 漁港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

車両進入禁止

九十九里は、「海浜植物、ウミガメの産卵、コアジサシ等の営巣地」などの保護を目的に全面、車両進入禁止の看板が出ているが、あちこちに四駆のタイヤのわだちの跡が砂に刻まれている。この日も日没近く、海岸を歩いていると後ろからエンジン音が、振り返るとサンドバギー車が通り過ぎていく。勿論注意する勇気もなく見送る。
20070725040331.jpg

  1. 2007/07/25(水) 04:05:06|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

独り占め

閑散とした浜辺で、一人孤独を楽しんでいる様子。何とでもいわば云え、と、男の背中がそう言っているように見える。これぞ九十九里浜を独り占め。最高の贅沢か。
20070722194156.jpg

  1. 2007/07/22(日) 19:42:29|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

海開きはすんだが

連日、曇り、一時雨、高波、低温、これでは海水浴客は見込めない。梅雨明けは来週以降らしい。海の家は完成したが、勿論客はいない。ボードを持った若者が5,6人いるばかり。世間は今日から夏休み。時々薄日が射すので、浜に出てみた。
20070720120308.jpg


20070720120328.jpg


20070720120347.jpg

  1. 2007/07/20(金) 12:06:20|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

カニ

カニ、そのまんまのタイトル。上手いネーミングが思いつかない。
九十九里の浜辺で、海浜生物を見るのは初めて。シオマネキや、ヤドカリや、いくらでもいそうだが、実際にはいない。この浜は今回歩いてみて、干潟の様な感じだった。潮の引き方でそう見えたのか、よくわからない。砂に穴が開いている。カニの出入りする穴のようだ。近くに、よく見ると、カニがいる。保護色になっていてよく見ないと見逃しそうだ。全然、動かない、生きているのか?手を近づけると目だけ忙しく動いている。何故逃げない?足がすくんで動けないのか、動くのがめんどくさいのか。
20070717054243.jpg


20070717054306.jpg


20070717054320.jpg

  1. 2007/07/17(火) 05:48:32|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

アカハタ

20070715212416.jpg


20070715212504.jpg

今回は、遊泳禁止の赤い旗の写真二枚。
遊泳禁止の他に別なイメージは無いか?ん~と、こんなのはどうだ、建て売り住宅の現地販売所。腕に腕章を付けた若い営業マンが忙しく走り回る。又は、歳末大売り出し、又は、店じまい売り尽くしセール。
今回は気分転換に趣向を変えてみた。
  1. 2007/07/15(日) 21:34:29|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

台風4号

今日は海開きのハズだったらしい。しかし九州辺りに台風4号が接近し、その影響か、九十九里は大荒れ。しかも2,3日後にはこの辺に直撃の予報も。しばらく海開きはお預けだろう。この写真を撮ってから九十九里を後にして帰路についた。
20070713181530.jpg

  1. 2007/07/13(金) 18:15:57|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

からす

サーフィンをしている人間どもを、へたくそめ、と、笑っているようにも見える。
20070711051612.jpg

  1. 2007/07/11(水) 05:16:43|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

地曳き網

国民宿舎のある浜辺で地曳き網が始まった。いわゆる観光地曳き網。学校の生徒、6、70人。船が網を載せて沖合まで運びながら、弧を描いて網を仕掛けていく。漁師のおばさんのかけ声で、二手に分かれて綱を引きはじめる。
20070708085305.jpg


やがて網が上がってくると、大きいのがピチピチ跳ねている。大きいエイも五、六匹、すかさず引き出して、毒針のあるしっぽを一刀両断、一斉にかわいそ~の声が上がるが、致し方ない。
20070708085413.jpg


おばさんが魚の説明をはじめる、「これ、イワシね、これがアジだよ、これカマス」カマスを見たかったが子供達の頭で見えない。周りの宿泊客も集まってきて、写真を撮り始める。この魚は、今日の昼ご飯に出されるのか、量は十分だ

20070708085910.jpg

  1. 2007/07/08(日) 09:44:30|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

霧の中

十日前の写真だが、間もなく海開き、霧の中、海の家の準備が始まった。去年も霧に中の海の家の写真を載せた気がする。
20070704071614.jpg

ここでは霧は日常茶飯事だが、東京ではほとんど見たことがない、だから霧が出ると嬉しくなってついつい撮ってしまう。海から上がってきた霧は見る見るうちに広がっていく。
20070704073328.jpg

一時、霧は晴れたが、夜になったら又一面の霧、街灯がボーッと霞んで幻想的な雰囲気になったので、また一枚。
20070704071654.jpg

  1. 2007/07/04(水) 07:26:04|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

06 ≪│2007/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。