九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春の気配

三寒四温、正にそんな九十九里。今日の風は、射すような冷たさはなく、顔に気持ちが良い。間違いなく春は近づいている。
20070130160126.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/01/30(火) 16:01:52|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ラッコ?アザラシ?水鳥?

岸から離れた沖合に、ぽつんと黒い点が10個ほど見える。サーファーかな?と思ったが、望遠で覗いてみると、茶色い色、ラッコが波間に浮かんでいる感じ、アザラシは頭だけ浮かんでいるだろうし、茶色い色の鳥はトンビ、ワシ、タカ、そんな鳥が波に浮かんでいるだろうか?拡大すると矢張り鳥にも見えるが。???の一日だった。
20070129112418.jpg

  1. 2007/01/29(月) 11:25:22|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

これは石かな

片貝海岸の近くの砂浜で丸い石が何個も波打ち際に転がっている。波にもまれて丸くなったのだろう。持ち上げるとずっしり重い。爪でかりかり削ると簡単に削れる。石にしては柔らかい。石じゃないかも。周りに落ちているのを集めてみた。
20070128004433.jpg

  1. 2007/01/28(日) 00:46:00|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

波を楽しむ

毎回、漂流物や足跡ではさすがに飽きる。時には波を楽しみ、波音を楽しむ。
20070126202149.jpg

  1. 2007/01/26(金) 20:22:01|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

この模様の名前は?

潮が引いた後には、波の複雑な動きが作用するのか、こんな模様が出来る。普段見慣れている風紋ととは又違う模様だ。多分風紋に匹敵するようなしゃれた名前が有るのだろうが?
20070124095641.jpg


20070124095621.jpg

  1. 2007/01/24(水) 09:57:53|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

九十九里の海底は?

時々、波が海草を打ち上げる。九十九里は遠浅で、一面砂ばかりだと思っていたが、どうも海草が生えているらしい。海草の林でも有るのか、映像で見るような、林の間を小魚が群れ遊ぶ姿を想像するだけでも楽しくなる。
20070123110306.jpg

  1. 2007/01/23(火) 11:04:07|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

浜辺の散歩2

(ネタがない。無いとき目に付いたものは何でも撮る)
目の前を男が足早に通りすぎる、後ろ姿が自信に満ちている。健康に不安は無い、仕事は順調、散歩の後には暖かい家庭が待っている・・・と、後ろ姿が語っているように見えるが。
20070122192453.jpg

  1. 2007/01/22(月) 19:28:03|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

冬の海・・枯れ野原

浜辺に続く丘もすっかり枯れ野原。風の冷たさがこたえる。立春も近い。この時期好きな言葉、「冬来たりなば春遠からじ」。枯れ草の下ではもう芽吹きの準備が始まっている。
20070120212623.jpg

  1. 2007/01/20(土) 21:27:04|
  2. 浜辺の植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

冬の海

底冷えの海岸を歩く。風は弱いが顔が痛い。どんよりとした空、今日の九十九里は機嫌が悪い。
20070119135538.jpg

  1. 2007/01/19(金) 13:56:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

トンネルを抜けると

トンネルを抜けると雪国だったは、川端康成。ここは九十九里、海岸線に沿って波乗り道路がつづく。道路のガードをくぐると浜辺。場所によってはさらに小高い丘を登る。この海が見え始める瞬間が何とも好きだ。
20070116111527.jpg

  1. 2007/01/16(火) 11:16:08|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

九十九里の昼下がり

冬の浜辺の昼下がり、人影はなく、怒濤の波もない、さざ波が有るばかり。こんな日もある。
20070113223226.jpg


20070113223243.jpg

  1. 2007/01/13(土) 22:33:23|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:18

水平線

曇っているのだが、雲の一部に隙間でもあるのか、水平線だけが光って見える。ちょっと神秘的だったので撮ってみた。
20070112132603.jpg

  1. 2007/01/12(金) 13:26:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

椰子の実

長い年月、波間に漂っていたのか、皮は剥がれ、繊維だけの椰子の実が打ち上げられている。これは藤村の「椰子の実」の世界ではないか。近所の人が捨てたんじゃないの?などと思わずに、素直に、名も知らぬ、南の遠き島より流れ着いたと思いたい。そして心静かに藤村の世界に浸ろう。
20070109233645.jpg

  1. 2007/01/09(火) 23:37:29|
  2. 漂流物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

砂のキャンバス

九十九里の海岸は、海浜植物、うみがめの産卵、アジサシなどの営巣などの保護に、車両の立ち入り禁止。なのだが、まあ今は冬だし、砂の上のタイヤ痕の幾何学模様を楽しもう。
20070107184343.jpg


20070107184359.jpg

  1. 2007/01/07(日) 18:44:43|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

浜辺の散歩

早朝、波打ち際を犬を連れて散歩する人をよく見かける。これは若夫婦だろうか?仲の良さが後ろ姿から伝わってくる。なんとも羨ましい。我が家とは大違い。
20070105232907.jpg

  1. 2007/01/05(金) 23:29:36|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

借景

強風が吹き荒れた日の夕方、富士がくっきり見えた。借景と言うには遠すぎるが、九十九里から見た富士山として、無理矢理九十九里と結びつける。

20070104213511.jpg

  1. 2007/01/04(木) 21:38:28|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

初日の出

テレビの日の出予想では、銚子が6時46分らしい。6時頃から浜に車が続々と集まり出す。空は曇っているが、
20070103155636.jpg


予想時間に外を見ると、出ているではないか、

20070103155610.jpg


しかも、水平線に、雲の上からの日の出は何度も撮ったが、水平線からの日の出は初めて、ここ数年人生ついていなかった。今年は良いことが有ると良いが。

20070103155623.jpg

  1. 2007/01/03(水) 16:01:23|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。