九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岬の灯台に灯がともる

日没すぎて辺りが暗くなる頃、太東岬の灯台が光り始める。
この岬も手軽に随分撮った。時間、天候によって表情が変わる。定点観測の体をなしてきた感がある。これをもって今年の載せ納めにしたい。
思えば4月に始めたときは2,3ヶ月試しにやるつもりだった。自分でもここまで続くとは思わなかった。来年もやれるところまでは続けたいと思っている。
20061230160919.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/12/30(土) 16:06:42|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:19

足跡の主は?

砂丘に点々と続く足跡、雀ぐらいの大きさの足跡、千鳥か、浜シギか、
20061228171029.jpg


20061228171014.jpg

  1. 2006/12/28(木) 17:11:13|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12

漁港の黄昏

日没近く、太東漁港に行ってみる。漁港の入り口を示す灯台の点灯を見たかった。周りがかなり薄暗くなって、やっと灯がともる。一度撮ってみたかったのだ。
20061227010145.jpg

  1. 2006/12/27(水) 01:05:38|
  2. 漁港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

海岸の黄昏

夕方、海岸を散歩、日が傾いている。風も大分冷たくなってきた。そろそろ夕飯の支度、影が長くなってきた、もう少しで日が沈む。
20061224191721.jpg


20061224191703.jpg

  1. 2006/12/24(日) 19:17:50|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

漁港の朝(水揚げ)

次々と漁船が港に帰ってくる。港には大型トラックが待っていて、採れたイワシを大きい網から直接トラックに積み込む。それが終わると、大きい魚が入った箱を3,4箱船から降ろす。イワシを採る網にかかった魚だろう。
20061223202049.jpg


20061223202109.jpg

  1. 2006/12/23(土) 20:21:32|
  2. 漁港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

漁港の朝(サギ)

魚市場の隣の駐車場になんとサギの群れが行儀良く並んでいる。それもみんな同じ方向を向いて。漁港で働く人たちは気にもとめない。いつもの光景なのだろう。人が傍を通ってもめんどくさそうに2,3歩よけるだけ。
20061221132228.jpg

  1. 2006/12/21(木) 13:23:23|
  2. 漁港
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

漁港の朝(カモメ乱舞)

久しぶりに片貝漁港に行ってみる。運良く漁船が次々に漁から帰ってくる。カモメが数十羽漁船の後を追いかける様に飛び回る。餌に有り付けることを知っていつのだろう。
20061218082620.jpg


20061218082551.jpg

  1. 2006/12/18(月) 08:27:21|
  2. 漁港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

海鳥哀れ(カモメ)

海鵜から少し離れた波打ち際に、今度はカモメが立っている。近づいても飛んでいかない。どうも様子が変だ、飛べないらしい、さらに近づくと歩いてこちらとの距離を保つ、少し離れて様子を見る。時々くちばしを大きく開けて、何かはき出そうとしているようにも見える。釣り針でも飲み込んだか?
20061217182648.jpg


20061217182627.jpg

  1. 2006/12/17(日) 18:27:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

海鳥哀れ(海鵜)

波打ち際で黒いものが動いている。近づくと海鵜らしい。横たわって首だけこちらに向けている。さらに近づくと、足ではなく、羽を使って波に入ろうとしている。立てないのだ。これ以上近づくのをやめた。
20061215144320.jpg


20061215144333.jpg

  1. 2006/12/15(金) 14:43:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

九十九里の朝焼け2

雲ではなく、空が赤みを帯びてきている、朝焼けになりそうな気配なので、しばらく待ってみる。10分後外を見ると、見事な朝焼け、ここまでの朝焼けは初めてのような気がする。(写真の残りが少ないのでチビチビ更新)
20061212144557.jpg

  1. 2006/12/12(火) 14:46:30|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

九十九里の朝焼け1

夜明け前、東の空を見ると赤みを帯びている。周りはまだ真っ暗、時々ヘッドライトを点けた車が通る。遠くに漁船の明かりも見える。朝焼けの気配。カメラの感度をいっぱいに上げてシャッターを切る。

20061210204343.jpg

  1. 2006/12/10(日) 20:45:19|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

海光る2

またまた、バルコニーから手抜きの写真。午後になると、太東岬方向の海が光っている、岬が雲海に浮かんでいるようだ。
20061208181517.jpg

  1. 2006/12/08(金) 18:16:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

流木2

一宮海岸に行ってみる。九十九里の一番外れの海岸。いつもの見慣れた海岸とは少し雰囲気も違うし、砂の感じも違う。砂浜に流木が良い感じで横たわっている。一本の流木は何かの顔みたいだ。ちょっと出来すぎではないか。加工でもしたのかな?と近寄ってみたが、加工した形跡はない。もしかしたら、町の観光課の誰かが観光用の小道具として、夜中にこっそり置いていったりして・・・・・どうもいかん、最近気持ちが荒んでいるのか、物事を素直に受け取れない自分がいる。
20061205143411.jpg


20061205143430.jpg

  1. 2006/12/05(火) 14:37:12|
  2. 漂流物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

砂、流出

NHKの「クローズアップ現代」で日本各地の海岸で砂が流出と報じていた。その中の一つが九十九里浜だって。え、何処だろうと思っていたら中里海岸だった。かなり砂浜がえぐられ、駐車場も危ない状態。去年も来たが、気がつかなかった。
20061203222518.jpg


20061203222532.jpg

  1. 2006/12/03(日) 22:26:06|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

貝塚?

波打ち際の所々に貝殻が堆積している。見た感じでは皆同じ波打ち際に見えるのだが、明らかに有る部分に集中している。目には見えない海底の地形によるのか。
20061201151857.jpg

  1. 2006/12/01(金) 15:19:39|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

11 ≪│2006/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。