九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の名残

白子温泉のホテル群、その前にある中里海岸は夏の間、多分九十九里一、海水浴客が多いのではないだろうか。夏の賑わいが嘘のように、今はひっそりと元の砂浜に戻っている。砂浜を歩くと、使用済みのサンオイルの容器が落ちている。中のオイルは誰の肌に塗られたのだろう?今はもう水着の跡は消えただろうか?
20061129105147.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/29(水) 10:52:44|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

砂浜に捨てられていた。釣り人が捨てなんだろう。引きはきっと凄かったに違いない。よし、大物だと思った瞬間鮫があがる。釣った人はびっくり、がっかりか。九十九里にも鮫がいるんだ。そういえば片貝漁港にも水揚げの時に落ちていた。海水浴の時は大丈夫だろうか?ま、鮫に襲われた何て話は聞いたことはないが。
20061126195055.jpg

  1. 2006/11/26(日) 19:51:27|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

煮干し

朝日を撮影した帰り道、道端ににぼしを干してある所に出くわした、朝の7時頃なのにもう干してある。昨日から干していたのか、もう煮干しになっている。周りに何軒か魚の加工工場があって、時々茹でたばかりのイワシを干しているところに遭遇するときがある。湯気がモウモウと立ち上って相当に生臭い。
20061124174721.jpg


20061124174703.jpg

  1. 2006/11/24(金) 17:48:12|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ついに日の出

思ったより雲が多くなって、ちょっと心配したが、何とか雲の切れ目から、顔を出してくれた。早起きをした甲斐があった。しばらく砂浜に腰を下ろして朝日を眺める。みるみる赤みが薄れて太陽が明るく輝きだす。朝日ショーは終わり。帰路につく、もう一寝入りしよう。

20061120215523.jpg

  1. 2006/11/20(月) 21:56:24|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

雲の間から

隣の海岸に移動してから間もなく、雲の間から日がさし始めた。何回か登場させた地引き網用の船が砂浜に引き上げられていたので、脇役として、またもや登場願う。
20061119215514.jpg

  1. 2006/11/19(日) 21:56:27|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

日の出寸前

空が大分明るくなってきた。此処へ来るときは車のスモールランプを点けてきたが、今はその必要は無い。雲を見ると、高度の高い雲が日に当たりオレンジ色に光り始める。ここで隣の海岸に移動する。
20061118212429.jpg

  1. 2006/11/18(土) 21:25:07|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

日の出近し

少しずつ、空が明るくなってきている。気のせいか雲が赤みを帯びてきたような気がする。ちょっと雲が多いい様だが太陽は顔を出すだろうか?
20061117224307.jpg

日の出前なのに、もう散歩をする人が何人もいる。もっとも夏だったら日がサンサンと射している時間だ。

20061117224323.jpg

  1. 2006/11/17(金) 22:51:00|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

日の出前

数週間ぶりに九十九里に行ってきた。今回は少し気合いを入れて日の出を撮ることにした。朝の5時に目覚ましをセット、起きては見たが外は真っ暗、仕方がないのでコーヒーを飲みながら時間をつぶす。ようやく6時近くに空が白み始める。カメラを持って車で幾つかの海岸に行く。最初は白里海岸、日の出までを数回に分けてUPの予定。(もったいぶらずにさっさと載せろと声が聞こえそう)
20061116144807.jpg

  1. 2006/11/16(木) 14:50:24|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

浜辺の植物

波打ち際から少し離れると、もう草が生えている。大潮とか台風の大波の時には海水を被りそうだが、塩分もかなり強いだろうし、栄養なんてほとんど無さそうだが、もっと住み心地が良さそうな場所がいくらでも有りそうだが。草にすれば何かこだわりでも有るのか、聞いてみたい。
20061112200049.jpg

  1. 2006/11/12(日) 20:02:01|
  2. 浜辺の植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

海鳴り2

外房の九十九里は波が荒い。低気圧や台風が通過するときはかなりの迫力が有る。闇夜の海鳴りには、なかなか寝付かれない。
20061108172249.jpg

  1. 2006/11/08(水) 17:23:37|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:13

ゲート

小さい海水浴場の入り口にゲートらしきものが有った。かなり頑丈に作ってある。よく見ると錆びていて最近使った形跡はない。最初、津波などを防ぐ扉かな?と思ったが、違うな、有料駐車場のゲートじゃないかな。以前はあちらこちらの海水浴場で有料駐車場があったが、客が来なくなってしまうので、駐車場が無料になった海水浴場が増えたらしい。ここもそうなんだろう。
20061106120016.jpg

  1. 2006/11/06(月) 12:01:12|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

置き忘れ?

道路の脇に堂々とした立派な鳥居が立っている。しかし神社や祠らしいものは何処にも見えない。前は砂防林、その先は海、後ろは住宅街。神社はどこかに引っ越したのだろうか?
20061102044558.jpg

  1. 2006/11/02(木) 04:46:40|
  2. 浜辺の周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。