九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひだまり

浜辺近くの日当たりのいい土手に青い花が一面に咲いていた。大きさは小豆粒くらいの大きさ。相変わらず花の名前が判らない(未だに植物図鑑を買ってない)
(明日から三泊で行ってきます。東京では芽吹きが始まったので九十九里でも探してみます)
ひだまり
スポンサーサイト
  1. 2008/03/03(月) 19:31:08|
  2. 漂流物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

浮き球

漁具の一つ、浮き球。
以前は浮き球はガラスだった。今はプラスチック。
青いガラスの浮き球は風情があって好きだった。使う側にとっては重く割れやすいガラス製は扱いにくっかたろう。今では喫茶店や漁師料理の店のインテリアとして、存在するぐらい。
砂浜に流れ着いた浮き球、裏側を見たら割れていた。
20070523112841.jpg

  1. 2007/05/23(水) 11:29:32|
  2. 漂流物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

流木モドキ

またもや、砂浜に打ち上げられたモノ、流木と言えば流木、でも何年も波間に漂った感じではない。多分近くの川から海に流れ出て、打ち上げられたのだろう。流木と呼ぶには貫禄がない。
20070328000330.jpg

  1. 2007/03/28(水) 00:03:55|
  2. 漂流物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

椰子の実

長い年月、波間に漂っていたのか、皮は剥がれ、繊維だけの椰子の実が打ち上げられている。これは藤村の「椰子の実」の世界ではないか。近所の人が捨てたんじゃないの?などと思わずに、素直に、名も知らぬ、南の遠き島より流れ着いたと思いたい。そして心静かに藤村の世界に浸ろう。
20070109233645.jpg

  1. 2007/01/09(火) 23:37:29|
  2. 漂流物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

流木2

一宮海岸に行ってみる。九十九里の一番外れの海岸。いつもの見慣れた海岸とは少し雰囲気も違うし、砂の感じも違う。砂浜に流木が良い感じで横たわっている。一本の流木は何かの顔みたいだ。ちょっと出来すぎではないか。加工でもしたのかな?と近寄ってみたが、加工した形跡はない。もしかしたら、町の観光課の誰かが観光用の小道具として、夜中にこっそり置いていったりして・・・・・どうもいかん、最近気持ちが荒んでいるのか、物事を素直に受け取れない自分がいる。
20061205143411.jpg


20061205143430.jpg

  1. 2006/12/05(火) 14:37:12|
  2. 漂流物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。