九十九里物語

九年前に九十九里のリゾートマンションを手に入れた。 それから東京と九十九里の二重生活が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サヨナラ

3週間ぶりに九十九里にいってきました。
そして久方ぶりに浜辺を歩きました。前回はあまりの風の冷たさに早々に逃げ帰り
部屋から海を眺めておりました。
桜満開の様子をテレビでやっております。ボーっと眺めておりました。
世の中は希望の四月です。
思えば3年前の4月に恐る恐るブログとやらを始めました。ブログの仕来りやルールも
知らず、コメントに返事をすることも知りませんでした。娘に注意されそれからモメントを返すようになりました。その当時コメント頂いたみなさんごめんなさい。

数回前に、不況と一戦交えていると書きましたが今回はその不況に一本取られました。
で、しばし休戦、それまで鋭気を養い、体力を付け再度勝負を挑む事になりました。
いままで幾多の危機も乗り越えてきた私です。意外としぶといのです。
これからも月数回九十九里でぼーっとしに通います。生活が変わるわけではありません。
ブログはお名残惜しゅうは御座いますが暫しのお別れにいたします。

最後に一昨日撮った九十九里の海をシンプルに真っ正面から載せます。
4月の海e
スポンサーサイト
  1. 2009/04/05(日) 00:31:20|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:34

九十九里の雨

九十九里浜に雨が降る。
初冬の冷たい雨が降る。

昨夜から降りしきる雨。明け方車で海岸に出てみるが車外に出る気にはなれない。
人影は無く聞こえるのは海鳴り、雨音だけ。
5分、10分、さすがにいたたまれなくなって海岸を離れる。

雨

  1. 2008/12/06(土) 23:07:31|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

太東岬

あまり更新しないと忘れられそうなので・・・・
これは三日前の写真、天気がいいと、同じ時間に海が光り始める。
左から順にだんだん右に輝きが移動する。もう何遍も載せたが、今回は太東岬と漁船がいい感じだったので、ついシャッターを切る。しばし浮き世の煩わしさを忘れられるひととき。

(まだまだ仕事が忙しく、おまけに今月は決算期、追いつめられたような心境の今日この頃、今しばらく仕事に没頭します。)
太東岬
  1. 2008/11/21(金) 22:00:10|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

秋をさがす

予報では雨のち曇り。
予報に反して日がでてきた。カメラを持って海辺に出てみる。
浜辺に遊泳禁止の赤旗。撤去し忘れたか、シーズンが終わっても遊泳する不届きものの為なのか、
10月の秋空になんとも不思議な取り合わせ。
旗
  1. 2008/10/09(木) 18:43:58|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

二日遅れの十五夜

ネットで月の出の時刻を調べ、火曜日の夜に、水平線から昇る月を狙った。
昇ったばかりの月は暗い。波のきらめきもやっと写っている。こんなハズではなかった。
イメージでは月明かりにボーッと海が青白く浮かんでその上に大きな月が浮かび、とそんな写真を期待したが思うようにいかない。その写真に、月に関係する童謡や詩歌を組み合わせたいと思ったが、
次回また挑戦し直そう。
画像 161007
  1. 2008/09/19(金) 18:27:42|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

九十九里が戻ってきた。

海水浴客がいなくなって、やっと本来の九十九里らしくなった。
爽やかな秋風に乗って、と言いたいところだがここ二、三日はいつもの暑さに戻った。
まだ海岸を歩くには暑すぎる、これは何というのかパラセール?だっけ。
遠くから眺めるばかり。
画像 001


午後7時はもう真っ暗。空には中秋の名月ならぬ三日月。
三日月

  1. 2008/09/05(金) 15:43:42|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

お盆

今までとは違う新しい視線で、別の角度から、と思いながらやっぱり同じようなものを
だらだらと続けてしまう。狭い視野でしか見れなくなっている。

さすがにお盆、海水浴場もずいぶん賑わっている。このマンションも夜、外から見るとあちこちに灯りか見える。七割は会社の保養所として使っているとか。この部屋の両隣にもバルコニーに、水着や下着が干してある。
昨年はカメラを持って海水浴場をうろついたら不審な目で見られたので、今年は近づかない。
盛夏2

盛夏1
  1. 2008/08/14(木) 22:32:19|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

梅雨入り

関東も梅雨入り、それに合わせるように台風5号が接近、八丈島沖を通過中とか。
風も雨も大したことはないが波がすごい。砂浜までいって撮ろうかと思ったが時折ぱらぱら降る雨がいやで、バルコニーから。台風は房総沖で熱帯低気圧に格下げ。
台風5号



明日は一日中曇り時々雨の予報に反して朝から日が射している。部屋でノンビリのつもりだったがしょうがない、カメラを持って海岸を散歩、海岸は波が運んだのかゴミが散乱、ハトが数羽ゴミを漁っている。海とハト、余り見ない組み合わせ。
台風一過1



先日載せたばかりのハマヒルガオ、ドサクサに紛らわせて再び載せる。根元までゴミが散乱、波がここまで来た証拠だが、枯れもせずゆうゆうと咲いている。
台風一過2



空には懐かしい夏雲、あとヒト月足らずで海開き、もうそんな季節になった。
今回は何の閃きもなく、写真の羅列で終わった。
台風一過3
  1. 2008/06/05(木) 18:46:18|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

浜辺の散策

困った、ネタがない・・・撮り貯めた写真からこんなのを選んだ。
写真に意味はない、何となく絵になりそうなので撮っておいた写真。
これは夫婦らしい。
近所の人か、観光客かは解らないが、羨ましい光景。こんなのに憧れた。夫婦で犬を連れて散歩、とりとめのない会話、軽い冗談、妻が笑う、老後は夫婦で労りながら温泉巡り、最後は「有り難う、良い人生だったよ、楽しかった」こんなキザで歯の浮くような言葉を残して、あの世に旅立つ、・・・・と、こんな夫婦に憧れたが・・・。
浜辺の散策
  1. 2008/05/05(月) 21:32:24|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

波紋?波跡?

干潮で波が徐々に引き始めると、砂に白いスジが付く。
時間と共にそのスジが2本3本と波の先端が引いたところに荒い縞模様を作る。
この白い波跡の名前が解らない。この九十九里は幾多の詩人や作家に愛された海辺。
詩や小説の題材になりそうな粋な名前があるに違いなのだが、・・
(知っている方、是非コメントで教えて頂きたい。)
波紋
  1. 2008/04/24(木) 15:08:57|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

小雨

低気圧の通過、風雨で列車が止まったりで、一寸した台風のようだった(らしい)
海は波浪注意報でかなり荒れていた。
波浪注意報


翌日は夜中から雨、一日中降り続く。
かなり寒い、花冷え、花曇り、菜種ツユ、ちょうど今時の事だと思う。日本は季節の表現が豊かだ。この雨も楽しみたい。
ここでの雨は嫌いではない。天気の日に部屋にいると何やら罪悪感を感じる。渋々カメラを持って海岸を歩いたり、・・
雨の日は堂々と部屋で読書三昧、いや、ちょっと見栄を張った、数ページ読んだが頭に入らない。
読書を止めてテレビを見ながらゴロゴロ、ウトウト、これが実態。
時々バルコニーから小雨にけぶる海や町並みをぼーっと眺める。
(今回は日記風に)
雨の九十九里1

雨の九十九里2
  1. 2008/04/11(金) 16:48:26|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

漁船

以前にも同じような写真を載せた。
今回漁船が切り絵の様なシルエットになって、かなり思い描いていたイメージに近い。欲を言えばカモメが漁船を追って船の周りを数十羽乱舞する所を・・・・などと都合の良いことを思い浮かべる。
漁船
  1. 2008/03/31(月) 19:53:26|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

浜辺の語らい

彼岸に入り寒さも遠のく
老人が三人、雑談にはなを咲かせる。小一時間こんな感じで、時折笑い声も聞こえる。もう引退した漁師仲間なのか?羨ましい。果たして自分がこの年の成ったら語らうべき友はいるだろうか?屈託無く、てらいも気取りもなく話せる友がいるだろうか?
浜辺の語らい
  1. 2008/03/19(水) 15:06:53|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

花と枯れ野

これは10日程前の写真、明後日辺り載せようと思っていたが、この所の好天気に慌てて載せる。
この時は植物の種類のせいか一面枯れ野だったが、もうかなり緑になってきているかも知れない。
枯れ野


路沿いに早咲きの河津桜が咲いていた。昨年は早咲きを知らずに えっもう桜がと驚いたが今年は驚かない。今頃は桜祭りをやっているだろう(去年もそうだった)。ただ桜の木は植えて数年の若い木で迫力に欠ける。
河津桜



この菜の花も道端の花壇に咲いていた。いまさら珍しくもあるまいが、午後の日差しに花の黄色が眩しく、思わず一枚シャッターを切った。
菜の花
  1. 2008/03/13(木) 16:22:23|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

冬の海

真夏から一気に冬に突入の感、ろくろく秋を楽しむ暇が無かった。
そういえば、紅葉がどうの、山麓まで降りてきたとか来ないとか、テレビでやってたような気がするが、東北や北海道では大雪でスキー場も例年より数週間早く営業を始めたとか。
寒々とした浜辺を歩く。さすがに散歩する人も少ない。
冬の海
  1. 2007/11/25(日) 23:41:13|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

砂の表情

夕方、斜光で砂の風紋がきれいに見えたので撮ってみる。
あれやこれや、文を考えたが気の利いた文章が思いつかない。
20071113164237.jpg


20071113164208.jpg

20071113164132.jpg

  1. 2007/11/13(火) 16:45:26|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

とも綱

昔は、九十九里には漁港がなかった(らしい)。
砂浜に直接、漁船を引き上げ、または押し出し、出漁する。
そんな写真集があった。男も女も全裸に近い格好で、漁から帰ってきた漁船を綱を引いて引き上げる。又は首まで海水につかって船を海に出す。真冬でも、過酷であったろう。今は昔の写真で当時を偲ぶばかり。
例の観光地引網の船が繋いである杭と綱で、ちょっぴり当時を偲んでみる。
20071103214619.jpg

  1. 2007/11/03(土) 21:46:54|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

日常の風景

波の穏やかな日は地元の人がハマグリを採っている。漁業組合員か。
自転車や、バイクの籠に採取許可証を置いているが、この自転車には置いてない。まあ、多少のことは黙認されるらしい。
20071009115200.jpg

  1. 2007/10/09(火) 11:52:33|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

海辺の朝げ

日の出の頃、シギの一団が忙しく海辺で餌を漁る。一心不乱、餌を漁る。この一団、親子のようでもある。夜は何処で過ごしていたのだろう?近くの砂防林か、あるいは波の上か?
(この写真は少し前、日の出や、麦わら帽子を撮ったときに、撮影しました。最近、写真をさぼっているので、手持ちの写真が底を尽きました。次の写真が出来るまで、今まで撮っていたモノで使わなかった写真を、載せていきます)
20071002161623.jpg

  1. 2007/10/02(火) 16:17:01|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

今朝の九十九里

一昨日、仕事が終わってから、九十九里へ車を飛ばす。3週間ぶりか、翌日(昨日)写真を撮るつもりだったが、朝からどんより曇り空、気分も乗らない。部屋でゴロゴロ、ウトウト、目が覚めてはコーヒーを飲み、ボーットテレビを見る。またゴロゴロ、夕方買い物ついでにカメラを持って海岸へ、しかし、撮りたいモノがない。夕食は又サンマ、一匹98円。来月いっぱい楽しめそうだ。翌朝(今朝)帰り際、晴天の中、浜辺による。あの地曳き網船が置いてあったので、再度登場願う。今年の夏は天気に恵まれ、海の家同様、潤ったろう。
20070928171954.jpg



船の側にはハマヒルガオの群生の丘がある。葉はまだ青いまま、もうすぐ枯れて一面枯れ野原になる。
20070928172013.jpg

  1. 2007/09/28(金) 17:27:57|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

夏のおもひで

この写真は前回載せた朝日の時に、ついでに撮っておいた。
帽子のデザインからすると、10代、20代の若い娘のものでは無さそうだ。熟・・・・いや妙齢の女性の持ち物の様だ。砂浜に忘れたのか、棄てたのか、風で飛ばされたのか、今頃持ち主の女性はもう普通の生活に戻ってるだろう。九十九里の夏を楽しめたかな。
などなど、思いを巡らせながらシャッターを切った。

20070912010209.jpg

  1. 2007/09/12(水) 01:02:58|
  2. 浜辺の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ

プロフィール

九十九里の半住民

nanbuya

Author:nanbuya

ポストカードショップ


何を血迷ったかnanbuyaは
皆様からいただいたコメントを真に受けて、
ついにポストカードを作ってしまいました。


[ 九十九里物語ポストカードショップ ]


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。